プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
初めまして、みっちゃんこと金子光男と申します。
アメブロの方で一年半程、運営させて頂いておりますが
こちらでもお世話になります。こちらでは優良な
情報と小話を中心に、皆様に楽しんで頂ける内容の
ブログになるよう努力して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アラフィフキュレーターのススメ
優良な情報をシェアします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休さん

$みっちゃん's Study  blog


とんちで有名な一休さん。

彼の名前は一休宗純といいますが、本物の

一休さんはとんち小僧ではありませんでした。




とんちの一休さんは後世になって描かれたものです。





では彼がどんな人物だったのかお話しましょう。





子供の頃の、彼は非常に真面目な性格でした。

ところが大人になってからは、酒や肉を喰らい

女性と交わるなど、戒律を守らない破戒僧に

なっていました。わざと小汚い格好をしたり

木刀を朱色の鞘に入れて腰に差したり、

正月には骸骨を背負って挨拶に回るといった

数多くの奇行をしていました。





$みっちゃん's Study  blog





彼の行動は「風狂」と呼ばれました。




しかし、一見奇行にしか見えない彼の行動は

それぞれに意味が込められていたのです。

朱色の鞘の木刀は

「外見は立派だが中身はニセモノである」

骸骨は

「死ねばみんな同じ姿になる」

といったメッセージによるものです。





当時は戦乱や飢餓が多発した時代でしたが

苦しむ民衆をよそに欲に走る僧侶が

多かった為、彼の奇行はそういった

僧への批判もあったとみられています。





「とんちの一休さん」説話はこうした

彼の奇行から生まれたものなのです。。。

スポンサーサイト

コメント
1. 無題
一休さんのイメージがちょっと変わりましたけど・・・
結果優れたお坊様だったってことですね。
安心しました。

この絵図は奇行のころの一休さんでしょうか?
とてもリアルですね。
[2012/07/23 16:27] URL | Crave #79D/WHSg [ 編集 ]

2. Re:無題
>Craveさん
有難うございます。一休宗純の絵はだいたいこの
絵が使われてるみたいですね。詳しくは
わかりませんが、結構晩年の頃の絵ですよね。
[2012/07/23 18:08] URL | みっちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

3. 無題
うろ覚えの記憶ですいませんが、

死ぬ間際に言った言葉が、

死にたくない・・・と言ったそうですね

坊さんらしくない言葉、みっちゃんの記事で

推測すると合っている気がします
[2012/07/23 21:08] URL | へろへろおやじ #79D/WHSg [ 編集 ]

4. 無題
一休さぁん!?(笑



まじめから豹変しすぎじゃw


でも意味があるって知って安心しました(///ω///)♪
[2012/07/23 23:53] URL | のん #79D/WHSg [ 編集 ]

5. Re:無題
>へろへろおやじさん
有難うございます。私もうる覚えですが、その
お話聞いたような気がします。誰でも死にたくは
ないですが、よほど無念の思いがあったので
しょうね。
[2012/07/24 08:32] URL | みっちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

6. Re:無題
>のんさん
有難うございます。急変するって今もよくあると
思うんだけど、昔もいろいろあったんでしょうね。
[2012/07/24 08:36] URL | みっちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mituokaneko.blog.fc2.com/tb.php/348-bd1d2b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。