プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
初めまして、みっちゃんこと金子光男と申します。
アメブロの方で一年半程、運営させて頂いておりますが
こちらでもお世話になります。こちらでは優良な
情報と小話を中心に、皆様に楽しんで頂ける内容の
ブログになるよう努力して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アラフィフキュレーターのススメ
優良な情報をシェアします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バターとマーガリンの使い方?

今日のお昼の“いいとも”でゲストの

高橋ジョージさんが貧乏時代に

ポマードが買えず代用の整髪料に

お湯に溶かしたマーガリンを

使っていたと話していました。



実はこれに似たようなことを

昔の人もやっていたんです。

昔の人が使ってたのはマーガリンでは

なくバターでしたが。。。



$みっちゃん's Study  blog




私はやったことないので推測ですが

バターよりマーガリンの方が整髪料

としては使えるのかな?この二つは

似ているようで原料が違うんですよ。



バターはご存知、牛乳。マーガリンは

植物性(又は動物性)の油脂から

出来ているので・・どっちだろ?



まぁ、今の時代にこれやってみようと

思う人はまずいないのでこの話は

これくらいにしておいて、ちょっと

昔の人とバターの話をしようと思います。




バターはもともとは遊牧民の食べ物でした。

紀元前2000年頃、インドでも作られたという

記録があり、旧約聖書にもバターについての

記述があるそうです。




このバターがヨーロッパに伝わったのは

紀元前500年頃のローマ時代といわれています。

しかし当時のローマ人はバターは野蛮人の

食べ物だと嫌っていたようで、バターを

口にした人ははんの一部の人達だけでした。




ではローマ人達はバターを何に使っていたか

というと、塗り薬と整髪料に使っていたのです。

面白いところでは、軍用に飼ってたゾウの

傷薬に。スコットランドやイングランドでは

羊の保護剤、ランプの油にも使っていたとか。




バターが食用になったのはフランスで6世紀頃、

ノルウェーで13世紀頃だそうです。

食用としてのバターの歴史は古くて新しいと

いえるかもしれませんね。。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mituokaneko.blog.fc2.com/tb.php/196-b2942319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。