プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
初めまして、みっちゃんこと金子光男と申します。
アメブロの方で一年半程、運営させて頂いておりますが
こちらでもお世話になります。こちらでは優良な
情報と小話を中心に、皆様に楽しんで頂ける内容の
ブログになるよう努力して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アラフィフキュレーターのススメ
優良な情報をシェアします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手を説得するには?


こんばんは金子光男です。



最新の脳科学が明らかにした説得の科学

があります。



人はどのように意思決定を行うのでしょうか?




脳には意思決定に関わる2つの重様な部位、

扁桃体と前頭前皮質があります。




前頭前皮質は情報を理性的・認知的に判断し

その意味を考え結論を導き出します。




これに対して扁桃体は人が意識する前に

出来事の感情的な意義をつかみ取ります。




従って相手を効果的に説得するためには、

扁桃体に働きかけなければなりません。




つまり扁桃体の持つ本能の力を利用すれば

相手を自分の思い通りに動かすことも

不可能ではないのです。




研究によると考えずに素早く簡単な決断をするとき

私たちは一般的に「スーパーセブン」と呼ばれる

トリガーを使っていることがわかりました。




トリガーとは、何か行動を起こす為のきっかけとなる

「命令」や「信号」のことです。




この7つあるトリガーのうち

相手に応じた正しいトリガーを引くだけで

思い通りの結果をもたらすことができるのです。




人は考えることを嫌います。

だから、何かを判断するとき頭を使わなくてもいいように

心のなかにトリガーを持っています。




もし、誰かを説得しようと思ったら

その人の持つトリガーを見つけ出すことが

成功のカギになります。



これが出来たら凄いですよね。→http://bit.ly/12mhSYv






スポンサーサイト
眠れないのは何故??

「明日は早起きしなくちゃいけないから寝よう」と

思って布団にはいったのになかなかねむれない時って

よくありますよね。



明日の予定を考えちゃったり、全然関係ない事が

頭の中に浮かんでしまったり・・・




考えてはいけないと思うほど考えてしまう・・

何故なんでしょうね?




実は脳は意識的な活動とは別に無意識な活動も

しています。このケースだと「眠ろう」と

する事が意識的活動なんですが、その影で

無意識にスムーズに眠れないように

してしまっているのです。




無意識は意識には上回らないのですが常に

その下で目を光らせています。

色々な考えをいちいち掘り出しては

判断しています。つまり脳の中には

常に寝た子を起こす奴が潜んでいるのです。




意識と無意識のバランスがとれていれば

無意識は「考えるな」という判断を「考えるな」と

対処できるのですが、布団が重いとか、周りが

うるさいとかほかに気になる事があると

無意識は「考えるな」という対処が

できなくなってしまうのです。




解決策は脳を使わないこと。




食べたい時は「これ食べたら太るかなぁ」とか考えずに

食べ、眠れない時は「寝なくちゃ」と思わずに

起きている。





意識的な活動を出来るだけ避けることで、無意識が

なにか判断を下した時に対応できる

余裕を作っておく。そうすると、「考えるな」という

意識が働いた時に全力で考えることがなくなって

きます。





脳は気が散りやすいという性質があることを理解して

おくと、いざという時、楽に過ごせるでしょう。。。


「物忘れ」はして当たり前!!

必要な物を取りに立ち上がったハズなのに

歩いているうちに「あれ?なんだっけ?」とか

使ったばかりのケータイどこに置いたか

忘れてしまって探し回るみたいなこと

よくありませんか?





昔の事は昨日のように覚えているのに

直前の事をわすれてしまう。





「もしかして俺(私)ボケ始まった?」なんて

心配になるかもしれないけど大丈夫です!





実はこれは誰にでもある事で昔の出来事と

直前にあった事は脳の保管場所が違います。





まず、最初に知らなければならないのは

すべての経験を脳に保存しておくのは

不可能だということ。





すべての記憶は初めに脳の「海馬」という部分で

記憶されます。ここは飛行機でいうと

「フライトレコーダー」のような場所で

新しい情報を次々と上書き更新していきます。





その中から特に覚えておきたい物や印象が強い物が

大脳神経へと送られて保存される。これが長期記憶。

そして、「海馬」が不要と判断して消してしまう

記憶が短期記憶になる訳です。





まさに「海馬」は「フライトレコーダー」と同じく

情報を消すための設計になっているのです。






「海馬」には自分の意思とは無関係の基準があります。

その基準で情報の重要度を判断するため、自分では

重要と思っていても「海馬」ではそう判断されず

消される記憶が多いので「あれっ?」が起こるのです。






物忘れは脳にとっては日常茶飯事です。忘れた事を

気にして年だからとかストレスを溜めないで下さい。

忘れることは人間の優秀な機能の一つです。。。




週末ストレスの解消法

今週もあっというまに木曜日。明日は金曜日(早い!ですね)

一週間溜まったストレスの簡単な解消法があります。



それは、DVDやTVなどで感動できる作品を観て

素直に感動して泣くことです。

涙にはストレスを解消する働きがあります。



子供の頃や過去に悲しい事、何かを頑張って達成して

感動した時などに思い切り泣いてスッキリした

経験はありませんか?



そうは言っても人前ではやりづらいので心を許せる

人と一緒か、一人の時にやってみて下さい。

DVD、TVなどで感動する方法は、「泣こう」とか

「泣くまい」とか意識せずに出来るだけ頭を

空っぽにして、観るのがポイントです。





そして、泣きたくなったら我慢をせずに泣いて下さい。

声を上げなくてもいいので自然にまかせて。

この方法は週末や休日前がおすすめです。

ストレス溜まってるでしょ。解消になるし

休日前なら目元とか顔のムクミも気にしなくていい。




女性には特にオススメのストレス解消法です。

あなたも思い出したらやってみてね。。。
10分で出来る自律神経のトレーニング

人間の体には、自分の意識とは関係なく

生命を維持する機能をコントロールする

「自律神経」があります。




今日はその自律神経の訓練法をシェアしますね。




まず、ちょっと前に

「グレープフルーツの香りダイエット」というのが

流行ったのをご存知ですか?




これはグレープフルーツに含まれる「リモネン」という

成分が自律神経のひとつ、交感神経を刺激して

代謝を良くするというものです。





そしてもう一つ副交感神経を活発にさせるには

まず、椅子に座って目を閉じてください。

そして「右手が重い・・左手が重い・・」と

自己暗示をかけて下さい。





本当に重いと感じたら、両足にも同じように

暗示をかけます。無理に重さを感じようとせず

手足の皮膚の感覚に意識を集中させるのが

ポイントです。「重い」じゃなく「温かい」でも

OKです。本当に温かくなってきたら

副交感神経が働いている証拠です。






これを繰り返していくと一週間位で本当に

手足が重く感じたり、温かく感じたりしてきます。

そして、交感神経と副交感神経が活発になり

体の基本的な機能、消化、吸収、排泄が

スムーズになり、新陳代謝が上がります。






このトレーニングを癖にすることが出来れば

健康かつ太りにくい体が完成するのです。

一日10分で出来ますよ、是非チャレンジを。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。