プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
初めまして、みっちゃんこと金子光男と申します。
アメブロの方で一年半程、運営させて頂いておりますが
こちらでもお世話になります。こちらでは優良な
情報と小話を中心に、皆様に楽しんで頂ける内容の
ブログになるよう努力して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アラフィフキュレーターのススメ
優良な情報をシェアします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます
$アラフィフキュレーターの雑学


☆明けましておめでとうございます☆




金子光男です。




今年もより楽しんでいた頂ける記事、コンテンツを

探して掲載させて頂きます。





今日は初詣の豆知識がありましたのでシェアさせて頂きます。




                  -ここからー


初詣は松の内までにお参りします
もう一つの正月イベントに初詣があります。初詣とは、その名の通り新年になって初めて寺社にお参りすることですが、有名神社仏閣への初詣は混雑を覚悟していかなければなりません。とはいえ人の波に押されながらでも、お参りすることで気持ちがスッキリしますよね。昔は1月1日の朝、いわゆる元旦に参拝したものですが、現在ではその年1年の無事を守る年神様がおられる期間、いわゆる松の内までの間に行くようになりました。
では松の内っていつまでのことなんでしょう。
門松や松飾りを飾っておく期間を松の内というんですね。門松や松飾りは年神様がいるという証しですから、年神様がおられる期間を松の内といいます。本来は1月15日(小正月)までが松の内でしたが、現代では1月7日までというのが一般的になりました。やはり神様も働きすぎなんでしょうかね。ただし、関西地方では今でも15日までが松の内だと主張しているようです。

初詣には除夜詣と元旦詣があります
しかし、大晦日から出掛けまだ年が明けないうちにお参りをすませる方も見られますが、これって初詣?っていえるんでしょうかね。
かつては年籠り(としごもり)として大晦日から元旦にかけて徹夜で寺社にこもる風習があったそうです。やがてこれが大晦日の夜の除夜詣と元旦の元旦詣に分かれたそうなんです。現代では元旦詣が初詣として定着してきました。また31日~1日にまたがってお参りをすることを二年参りというそうなんです。ですから夜が明けないうちに除夜の鐘を突くことも、日の出とともにお参りすることも初詣に間違いはないようです。

初詣は願い事とご利益を考えて…
初詣の場所は人気で選ぶ場合が多いようですが、人気の神社はどこも参詣者でいっぱい。できるなら願い事とご利益が一致するところへお参りできたらいいですよね。でも日本には八百万(やおよろず)の神様がおられるといいますから、思い通りのところを探すのも大変です。そんな時、神社の名前をヒントに探してみてはいかがですか。大雑把ではありますが、名前によってどんなご利益があるのか見当がつきます。
『神宮』天皇の祖先神が祀られています。
     ⇒平和、国家安泰、家内安全など万事
『八幡』八幡神を御祭神としています。
     ⇒必勝祈願、安産祈願、厄除け、長寿など
『天満』学問の神様・菅原道真が祀られています。
     ⇒合格祈願、学業成就など
『稲荷』商業、農業の神様です。
     ⇒商売繁盛、豊作祈願など
※これはあくまでも目安であり、各神社によって詳細が異なりますので事前にお確かめください。


                  ーここまでー





それでは良いお正月をお過ごし下さい。

今年もどうぞ宜しく御願い致します。



                          金子 光男

スポンサーサイト
壁は乗り越えるな!

こんにちは金子光男です。

今日はさっき読んだ本の中に気になる文章が

載っていたので部分的にシェアさせて頂きます。





~私達は仕事に行き詰ったとき「壁にぶつかった」という

表現をする。ではその時どうしたらよいか?

世間では「人生において乗り越えられない壁はない。

だから、あなたも努力すれば乗り越えられるはずだ」

とアドバイスする人が多いのに驚く。




冗談じゃない。




もし読者の中にそんな忠告をまともに受けて

一生懸命乗り越えようとしている人がいたら

今すぐ止めた方がいい。


$アラフィフキュレーターの雑学




乗り越えようとすればするほど壁は高くなる。

壁は容易に乗り越えられるものではない。




壁にぶつかったら乗り越えるのではなく

壁の中にスッと入ってしまう柔軟な感覚をもって欲しい。






大相撲に例えれば幕内の中位の力士が横綱、大関に

勝つのは壁であり、必死に稽古しても簡単には勝てない。

そこで対戦を楽しむという風に考えを変え、まわしは取れたか

何分持ったか、観客を一瞬でも沸かせたか、という感じで

壁に入り込むのだ。これを続けると大番狂わせが起こる

可能性も出てくる。




これががんばって壁を越えるのではなく壁に入り込む方法だ。~







以上です。如何でしょうか、これを知っていると壁に

ぶつかっても力が入り過ぎない素晴らしい方法ですよね。

行き詰った時に使えると思いご紹介させて頂きました。




では、本日も最後までお読み頂き有難うございました。




                        金子 光男







土星の環の謎
$アラフィフキュレーターの雑学



太陽系6番目の惑星、土星。

土星といえば環が特徴ですが、この環が消える事が

あるのをご存知ですか?これを初めに

発見したのはあの有名なガリレオです。





土星に望遠鏡を向けていたガリレオは土星の左右に

耳のような物が付いているのを発見しました。

それが環なのですが、ある日その環が

突然消えてしまったのです。





驚いたガリレオはケプラーに手紙で意見を求めたそうです。






実はこれ珍しい天文ショーで、種明かしがありました。





土星の環は厚みが幅の30万分の1で、たったの150メートル

しかありません。土星は約29年半の周期で太陽を回っています。

そして14~5年に一度、地球から見て真横を向く時が

あるのだそうです。環が薄いためこの時は

性能のいい望遠鏡でも環の確認は難しく

消えてしまったように見えるという訳です。



$アラフィフキュレーターの雑学





当時のガルレオの初歩的な望遠鏡では見えるはずも

なかった訳ですが、ガリレオは素晴らしき

天文ショーの発見者でもあるのですね。。。
オンマウス画像カスタマイズ法

ご訪問頂き誠に有難うございます。

今日は栃木地方、雨です。ちょっと肌寒い・・




さて、昨日からポインタを画像の上に

置くだけで原寸大の画像が見れるようにしました。

ご興味を持って頂いた方がいらっしゃったので

今日はその方法を。



と、その前にちょっと失礼して

一服↓ (ポインタ置いてね)

$アラフィフキュレーターの雑学





この方法はアメブロの

画像エディタからのみ対応されます。




枠をつけたり、最大サイズも指定できます。




まず、画像をUPされる際に必ず縮小サイズで

UPして下さい。オリジナルでは変わりません。




今、ここに一通り説明を書いてみたのですが、

制作された方の専用タグを貼り付けると

当然禁止ダグになってしまい記事がUP出来ない事に

気がつき全部消しました。





結果、専門家のブログに飛んで頂きそちらで

やり方を学んで頂くのが一番だと思いますので

直リンさせて頂きたいと思います。

http://ameblo.jp/wazameba/entry-11288998071.html




アメブロのカスタマイズは奥が深いですね。

これから色々と学んでいきたいと思います。





では、良い週末をお過ごし下さい。。。















読書の秋
ここ3週ほど、休日のたびにスマホやPCの

ビジネスセミナー講義を受けて来ました。




その中で各講師が共通して言っていることが

色々な本を読んで知識と情報を集めることが大事と

いうことを仰っていました。




私もまだまだ勉強不足すぎると思っておりますが

出来る限り本を買ってきては読んでこうして

ブログのネタにするとかするようにしています。




本の選び方は別に何でもよくて、ジャンルを問わず

広く浅くの乱読式がいいそうです。

哲学、文学、写真、詩集、コミック、雑誌と広く

読んで下さい。



あちこち目移りして身につかないのでは?と思われるかも

しれませんが、心配はいりません。

広く沢山読んでいるとその内容の点と点が結びついて

最後に面に発展していくからです。




スポーツで体の筋肉を鍛えるように、読書で脳の筋肉を

鍛えましょう。読書は話題の窓口を広げ心の

若々しさを保つ最高の薬になります。

時間がある時はあまり読んだことない分野の本を

買って読んでみたりすると結構新しい発見が

出来たりして楽しいですよ。。。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。