プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
初めまして、みっちゃんこと金子光男と申します。
アメブロの方で一年半程、運営させて頂いておりますが
こちらでもお世話になります。こちらでは優良な
情報と小話を中心に、皆様に楽しんで頂ける内容の
ブログになるよう努力して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アラフィフキュレーターのススメ
優良な情報をシェアします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポン玉 物語



今日は卓球のベストプレーをご覧頂きながら

ピンポン玉誕生までのお話をしようと思います。





ピンポン玉は軽くて壊れやすい物ですが

どんな風に作られているのでしょうか?





まず、最初の作業工程として、素材となる

セルロイド板を作ります。バルブや綿などに

何種類もの薬品を混ぜセルロイド生地を作り

加熱して成形し厚さ0.8ミリの板にします。




ここまでで2日かかります。





次に固まったセルロイド板を機械で円形に

打ち抜いてアルコール液に浸します。

その後半球状に形成して二つの半球を

接着剤で貼り合わせて乾燥させます。




これで完成ではありません。





この球を一ヶ月寝かせ、今度は電気炉に入れて

400度の熱で加熱し球の中の空気を

熱膨張させて球の形を整えます。

その後、研磨機で表面を磨き上げて

ひとまず完成なのですが・・・





ここから球を検査機にかけて重量、サイズが

規格に当てはまるか検査し、更に監査官が

肉眼で傷やバランスを審査します。

合格したものだけが球上にブランド印を

押されて晴れて商品となるのです。





ピンポン玉はなんと一つの製造期間が

「一ヶ月半」もかかる代物なのです。。。

スポンサーサイト
SL 真岡鉄道

昨日、時間が空いたのでいつも参拝している

栃木県真岡の大前神社に行ったついでに

近くにある観光リス村へ寄ってみました。




で、子供達の動物見学は妻にお願いして

私は真岡鉄道がすぐ横を走るリス村の

木陰の椅子に座って蝉の声を聴きながら

瞑想してきました。




鳴いていたのは、アブラゼミ、ミンミンゼミと

ツクツクボウシ。このツクツクボウシの声が

聞こえると、秋が近づいている印です。

たまには、自然の中で瞑想するのも

いいものですね。落ち着くことが出来ました。




あ、真岡鉄道というのは、茨城県築西市下館駅から

栃木県茂木町を走るローカル線で現在も

一日一往復ですがSLが走っています。

残念ながら目の前で見ることは出来ませんでしたが

上手に撮ってUPされた動画を見つけましたので

そちらをシェアさせて頂きます。。。





ねこ鍋の作り方



本日はねこ鍋の作り方でございます。


普通盛りから、大盛り、特盛まで

あるようですよ!


どうぞご覧下さい。。。


横浜サンセットクルーズ




先日の横浜クールズの自己撮り動画です。





やっと、youtubeのタテヨコの直し方が

分かりました・・勉強不足極まりない(汗)





iphone撮りなので画像もイマイチだし、結構

ブレたりしてます。寝てる方がいらっしゃったので

ナレーションも入ってません。




後で気がついたのですが船中で撮るより

甲板に出てバックで撮ったほうが

綺麗にベイブリッジの真下が撮れたな。





次の機会には今回の反省を活かして頑張ります。

みんな簡単に動画あげてるけど以外と難しい

ですね。勉強になりました。。。

美しき細胞の世界
 



細胞を美しいという感覚で見る機会は

あまりないのではないでしょうか?



映像の撮り方なんでしょうけど結構

よく見ると神秘的な中に

美しさがあるんですね。



見方によっては芸術的といえるかも

しれません。

是非ご覧になって下さい。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。